変動金利とは?

変動金利とは、「金利が変動する金利タイプ」のことをいいます。固定金利に比べて金利が低いので、注目されがちな変動金利ですが、色々と”ややこしい決まり”があるんです。このページでは、変動金利についてわかりやすくご紹介します。変動金利の特徴をしっかり把握して、金利が低いからという理由だけで、安易に選ばないようにしましょう。

変動金利の仕組み

変動金利の仕組み

先ほどもご紹介しましたが、変動金利は、金利が変動する金利タイプのことをいいます。金利が変動するタイミングは、半年に1回で、4月と10月に見直されるのが一般的です。金利の見直しは、半年に1回おこなわれますが、金利が変動しても、毎月の返済額は借りた時から5年間変わらず、6年目に変わるというルールがあります。また、6年目に毎月の返済額が変わる時、これまで毎月払っていた返済額の、最大1.25倍までを上限として、返済額が変動します。

「毎月の返済額が、1.25倍以上にはならないという上限があれば、6年目の返済額の見直しがある際に、万が一返済額が増えたとしても安心だな。」とお考えのかたもいると思いますが、あくまでも毎月の返済額に上限があるだけで、金利に上限はありません。つまり、毎月の返済額には上限がありますが、金利が上がり続ければ、総返済額は、上限なく増えていってしまいます。

しかも、毎月の返済額は、先に利息が引かれ、残った金額から元金が引かれるという決まりがあります。つまり、金利が上がっているのに返済額は上がらないとなると、元金の減りが遅く、「未払利息(みばらいりそく)」が発生する可能性もあるので、注意が必要です。

未払利息とは?

未払利息とは?

未払利息について、わかりやすくご説明します。例えば、変動金利で借り入れた当初の返済額が、毎月8万円(利息5万円・元金3万円)だったとします。半年ごとの金利見直しの際に、金利が急上昇したことにより、4年後には、利息だけで返済額が10万円になってしまいました。しかし、5年間は返済額が変わらないというルールがあるので、10万円-8万円=2万円が、ひっそりと未払利息になって残ってしまうんです。

では、発生した未払利息は一体どうなるのでしょうか。返済額が一定の間に金利が下がれば、金利が下がったぶんの利息はなくなり、6年目の返済額見直しの際に未払利息が残っていれば、元本に未払利息が追加され、返済額が再計算されます。また、未払いの元金と利息を返済最終日まで持ち越してしまった場合、返済最終日に一括返済することが原則となっていますので、覚えておいてください。

今後の変動金利はどうなるのか?

先ほどの未払利息の説明では、極端に金利が上昇する例を紹介しましたが、今後変動金利が急上昇することはあるのでしょうか。過去の金利推移を確認してみましょう。下のグラフをご覧いただきたいのですが、平成3年のバブル絶頂時には、変動金利が8.5%まで上がっており、昭和62年から平成2年の4年間で、3.6%も金利が上昇したこともありました。

「民間金融機関の住宅ローン金利推移」住宅金融支援機構より転載

出典:住宅金融支援機構「民間金融機関の住宅ローン金利推移(変動金利等)」より転載

その後バブルが崩壊してから現在に至るまで、多少の変動はありますが、金利は低い状態が続いています。また、東日本大震災の復興や、消費税増税を予定しており、あまり景気が良くないという現状で、バブル期のような急激な金利上昇はあるのでしょうか。変動金利の金利が上がるということは、日本の景気がよくなるとも言えます。変動金利を選ぶということは、こうした経済状況を判断することも必要になりますので、覚えておいてください。

変動金利のまとめ

変動金利は、金利が上昇すると返済額が上がるというデメリットはありますが、やはり金利の低さは魅力的です。例えば以下の条件で、変動金利と固定金利を比較した場合、毎月13,780円も違いがでてきます。

<3,000万円のローンを30年で組んだとき>
金利タイプ 変動金利 固定金利
金利 0.5% 1.5%
毎月の返済額 89,756円 103,536円
差額 13,780円

「返済額が多少あがっても問題ない、まとまったお金がある人」、「返済金額が少ない人」、「返済期間が短い人」、「経済状況などを判断の上、適切な借り入れができる人」は、変動金利を選択肢に入れてもいいと思います。

サイト内 Web