住宅ローン契約までの流れ

ここでは、住宅ローンの契約を結ぶまでの流れをわかりやすく説明しています。ざっくりと必要な資料や手続きを確認して、めんどくさい契約作業をスムーズに終わらせちゃいましょう♪

1、申し込み

購入する住宅を決めたら、そのために必要なローンを申し込みにいきましょう。申し込み先の金融機関に以下の書類を提出します。(ご自身に最適なローン選びは、住宅ローンのチェックポイントが参考になると思いますので、よければご一読ください!)

必要な書類

  • 本人確認書類(免許証、健康保険証など)
  • 住宅ローン借入申込書兼保証委託申込書
  • 個人情報に関する同意書
  • 勤務先の確認書類
  • 収入確認書類
  • 購入物件に関する書類
  • 印鑑証明書
  • 住民票

2、審査

必要な書類を提出するといよいよ審査に入ります。審査には「仮審査」と「本審査」の2段階があり、「仮審査」では“返済能力”、「本審査」では土地や建物などの“担保物件”がチェックされます。(審査の詳しい内容は住宅ローンの審査とは?が参考になると思いますので、よければご一読ください!)

3、契約

本審査にとおりますと、金融機関からお知らせがきます。それから、本契約書を作成し、正式にローン契約が結ばれることになります。

基本的に、以上の3段階を経て、住宅ローンを契約することになります。ちなみに、ローン契約が結ばれるまでにもいくらか費用が発生します。↓の表にまとめていますので、ご確認ください。

項目 費用 詳細
ローン事務手数料 3.15万円 銀行や保証会社へ支払います。
ローン取扱手数料 5.25万円ほど 自ら銀行に直接申し込めば手数料はかかりません。
契約書に貼る印紙代 2万円ほど 契約を結ぶときに支払います。
抵当権の登記費用 ローン金額×0.4%
+5万円ほど
登録免許税の支払い。司法書士への報酬など。
ローンの保証料 ローン金額×0.1%~ 申し込み時に保証会社に支払います。
※フラット35は不要
団体信用生命保険料 ローン金額に応じて
一般的に10万円ほど
※フラット35以外は、金融機関の負担が多い。

次は、住宅ローンの審査について見ていきます。

サイト内 Web