借り換えのメリット・デメリット

住宅ローンを借り換える際の、メリット・デメリットは、どんなものがあるのでしょうか?お得になると言われている借り換えですが、条件によっては、損をしてしまうことがあります。借り換えの申し込みをする前に、メリット・デメリットをしっかり把握しておきましょう。

住宅ローン借り換えのメリット

住宅ローンを借り換える最大のメリットは、総返済額を減らすことができることです。借り換えでお得になる条件の基準は、以下に当てはまる人です。

<借り換えをした方がいい人の条件>
住宅ローン残高 1,000万円以上
残りの返済期間 10年以上
借り換え後の金利差 1%以上

なぜこのような基準があるのかというと、借り換えには、必要な諸費用が50万~100万円ほどかかることが理由です。先ほどの「借り換えとは?」でもご紹介しましたが、借り換えとは、「新たな金融機関で新しいローンを組みなおし、今返済中のローンを一括で返済する住宅ローンの見直し方法」のことをいいます。つまり、再度新しいローンを契約することになるので、保証料融資事務手数料などが新たに必要になります。これらの諸費用を差し引いてもお得になれば、借り換えをしてもいいということになります。

また、総返済額が減るということは、月々の返済額も減ります。例えば、総返済額が減ることで、毎月の返済額が1.5万円減れば、かなり余裕ができるのではないでしょうか?逆に、返済額をそのままにすれば、返済期間を短縮することもできますね。くわしくは、この後の「借り換えシミュレーション」のページでご紹介していますので、合わせてご覧ください。

住宅ローン借り換えのデメリット

借り換えのデメリットは、先ほどもご紹介したとおり、50万円~100万円ほどの諸費用がかかってしまうことです。一般的には、以下のような諸費用が必要になります。

<借り換えにかかる諸費用>
契約書貼付印紙税
(けいやくしょ・はりつけ・いんしぜい)
1,000万円以上の借り入れは、2万円
5,000万円以上の借り入れは、6万円
保証料保証料 借りている額、返済期間により異なります
(ネット銀行など、一部の金融機関では無料のところもあります)
融資事務手数料保証料 3万円~10万円を払う定額型と、借入額の1~2%ほどを払う、定率型があります。費用は金融機関により異なります
繰上返済手数料保証料 0円~10万円ほどかかり、費用は金融機関により異なります
※1抵当権設定費用保証料
(ていとうけん・せっていひよう)
条件により、借入額の0.1%~0.4%が必要です
※1抵当権抹消費用保証料
(ていとうけん・まっしょうひよう)
不動産1件につき1,000円
不動産を管轄する法務局へ申請すれば、抵当権を削除できます)

※1抵当権とは?…抵当権とは、住宅ローンなどで、お金を貸した金融機関が、その借金の担保として、購入した住宅を確保できる権利のことです。住宅ローンの支払いが出来なくなった場合、担保にした住宅を、銀行に取り上げられてしまいます。銀行などの金融機関で住宅ローンを組んだ場合、必ず抵当権の設定をさせられます(参考→住宅ローンの抵当権とは?)。

上記諸費用と合わせて、現在借入をしている金融機関への残金返済手続きや、借り換え予定の金融機関と、新たに契約を結んだりと、複数の手続きが必要になるので、時間がかり、面倒くさいというのも、デメリットの一つです。

メリット・デメリットのまとめ

「金利差1%、ローン残高1,000万円以上、残り返済年数10年以上」の条件に当てはまることはもちろんですが、諸費用と手続きにかかる手間を差し引いても、借り換えをするメリットがあると判断した場合は、借り換えをおすすめします!次のページでは、「借り換えの審査に必要な書類」についてご紹介します。

サイト内 Web