住宅ローン借り換えのタイミング

住宅ローンの借り換えは、どのタイミングで、おこなえばいいのでしょうか。このページでは、住宅ローン借り換えのタイミングについてご紹介します。

こんな人は、借り換えを検討してみてください

  • 1.自分が借りたときよりも、住宅ローンの金利が低くなっている
    … 次のページの、「借り換えのメリット、デメリット」でくわしくご紹介していますが、借り換えをすると、お得になる条件は、「金利差1%、ローン残高1,000万円以上、残り年数10年以上」が基本となっています。もちろん、この条件に当てはまらくても、総返済額が減る場合もありますが、上の条件に近いほど、借り換えをするメリットが大きくなります。その中でも、まず確認したいのは、「借りた時の金利と、今の金利の差」です。一度ご自身のローンを確認してみてください。
  • 2.収入が下りそう
    … 金融機関により異なりますが、借り換え時の、年収の最低基準を、「300万円~400万円」にしている金融機関が多くなっています。「残業代が減って、収入が減ってしまいそう」、「会社の業績が悪く給料が下がりそう」という人は要注意です。借り換えは、収入が安定している間におこないましょう。
  • 3.転職する予定がある
    … 「近いうちに転職を考えている」という人は、借り換えのタイミングです。住宅ローンの審査項目に、「勤続年数」の項目があるのですが、最低1年~3年の勤続年数を基準としている金融機関が最も多くなっています。年収がアップするような前向きな転職であれば、審査にとおる場合もありますが、基本的に会社を辞める前のほうが、審査に通る確率は高くなりますので、借り換えの申し込みは、転職する前におこなうようにしましょう。
  • 4.今後、金利が上がるかも
    … 主に、「変動金利」で借り入れをしている人に当てはまる内容ですが、今後金利が上がる可能性が高そうであれば、固定金利への借り換え時です。ただ、借り換えをするタイミングで、大幅に金利が上昇した場合、「結局今の変動金利の方がマシだった…。」ということになりかねないので、変動金利から、固定金利に借り換える際は、十分な注意が必要です。
  • 5.健康なうちに
    …住宅ローンの重要な審査基準の一つに、「健康状態」の審査があります。健康状態が重要な理由は、団体信用生命保険の加入が、審査の条件となるためです。健康状態は、年齢とともに悪くなるのが一般的です。人生なにがあるかわかりませんので、借り換えは、健康なうちに検討してください。

史上最低金利の今は、借り換えのチャンス!

現在、日銀のマイナス金利政策により、住宅ローン金利は過去最低水準で推移しており、まさに借り換えのベストタイミングとなっています。上でご紹介した条件にあてはまる人は、住宅ローンの借り換えをおすすめします(参考→住宅ローンの借り換え金利・手数料比較)。

サイト内 Web