住宅ローンの借り換えで得する目安(金利差・残高など)を紹介します

カテゴリー:借り換え

最終更新日:2018年11月2日

マイナス金利政策の導入により、住宅ローンの金利は最低水準まで下がっています。しかし、この低金利がいつまで続くかわかりません。過去に高い金利で住宅ローンを組んでいる場合は、住宅ローンを借り換える絶好のチャンスです。

このページでは、借り換えで得をする目安や注意点、おすすめの金融機関(住信SBIネット銀行)を紹介します。まずは、現在借入中の住宅ローンから借り換えするメリットがあるか、確認してみましょう。

借り換えで得をする目安は?

まずは、現在借入している住宅ローンの「金利」、「残高」、「返済期間」を確認してください。借り換えでお得になる条件は、現在返済中の住宅ローンとの「金利差1%以上」、「残高1,000万円以上」、「残り返済期間10年以上」がひとつの目安になります。

じゅ住宅ローン借り換えの条件、目安

言うまでもありませんが、これよりも金利差が大きかったり、住宅ローン残高が多かったり、残り返済年数が長ければさらに大きな効果が期待できます。 また、上の条件に当てはまらない場合でも、金融機関が提供しているプランによっては、借り換えすることでお得になる場合もあります。

借り換えの注意点

返済額を減らすことができる借り換えですが、注意点もあります。それは、借り換えの際に50~100万円ほどの諸費用がかかってしまうことです。 借り換えは、現在借入中の住宅ローンを完済して再度住宅ローンを契約することなので、融資事務手数料や保証料などの諸費用を、新たに支払わなければなりません諸費用込みで借り換えできる金融機関もあります)。

<借り換えにかかるおもな諸費用>
印紙税 1,000万円以上:2万円
5,000万円以上:6万円
保証料 10~100万円
融資事務
手数料
定額型の場合:3~10万円
定率型の場合:借入額の1~2%
繰上返済
手数料
0~10万円
抵当権
設定費用
登録免許税:借入額の0.1~0.4%
司法書士報酬:3~10万円
抵当権
抹消費用
登録免許税:不動産1件につき1,000円
司法書士報酬:1~2万円

※諸費用の支払い方法や費用は、金融機関によってことなります。

条件によっては、「諸費用が高くついて損をしてしまった…。」ということになりかねません。借り換えを検討する際は、金融機関が提供するシミュレーションなどを利用したうえで、慎重に判断するようにしてください。

例えば、金利1%以上の差で、返済額はこんなに変わります!

以下の条件で、金利2.5%から、金利1.5%の住宅ローンに借り換えると、どの程度お得になるのか計算してみました。

<借り換えシミュレーション>
現在の
住宅ローン
借り換え後の
住宅ローン
金利 2.5% 1.5%
元金 2,000万円 2,000万円
利息 約543万円 約316万円
返済期間 20年 20年
毎月の返済額 約10万5千円 約9万6千円
諸費用の合計 約60万円
総返済額 約2,543万円 約2,376万円
差額 約167万円お得に!

※諸費用の合計は、当社が調査した情報を元に、一般的な支払い額を算出しています。また、結果はあくまで参考値であり、実際の融資を約束するものではありませんのでご注意ください。

金利2.5%から1.5%のローンに借り換えをした場合、諸費用60万円を含めても、約167万円もお得になりました!60万円の諸費用は高いですが、167万円も返済額を減らすことができるなら、安い費用と言えるのではないでしょうか。

借り換えなら住信SBIネット銀行がおすすめ

当サイトが借り換えでおすすめしたいのが、住信SBIネット銀行です。 住信SBIネット銀行の住宅ローンは変動金利・固定金利ともに金利が業界最低水準で、多くの人に選ばれています(2018年6月時点で、住宅ローン取扱額は、4兆3,000億円を突破!)。


住信SBIネット銀行の公式サイトより転載

また、住信SBIネット銀行は低金利なだけではありません。団信が金利の上乗せなしでつく住宅ローンは多いですが、住信SBIネット銀行の住宅ローンなら、すべての病気とケガで働けなくなった場合に住宅ローンの返済を保障してくれる「全疾病保障」を、金利の上乗せなく(無料で)つけることができます!

→ 低金利で充実した保障が金利の上乗せなし!住信SBIネット銀行、住宅ローンの申込みはこちら

住信SBIネット銀行は、住宅ローンの借り換えを検討中なら必ず候補にいれるべき金融機関です。現在借入している住宅ローンの適用金利、残高、返済期間を確認のうえ、まずは気軽にシミュレーションしてみてください。

→ 住信SBIネット銀行の公式サイトでシミュレーションする

☆住宅ローンの借り換えは、低金利の今がチャンスです!

調べたい単語を入力してください
サイト内Web