十六銀行の住宅ローンを徹底分析(金利・手数料・審査など)!

カテゴリー:地方銀行

最終更新日:2018年2月19日

十六銀行は、岐阜県岐阜市に本店を置く地方銀行です。 通称「十六(じゅうろく)」と呼ばれ、地域の人に親しまれています。このページでは、十六銀行の住宅ローン金利・手数料・審査などについて、くわしくご紹介します。

住宅ローン金利

十六銀行のおもな住宅ローン金利は以下のとおりです。固定金利は3~35年の中から選ぶことができます。

<十六銀行のおもな住宅ローン金利(2018年2月現在)>
変動金利 固定金利
10年 20年 35年
0.600% 0.600% 1.120% 1.180%

※十六銀行が提供する住宅ローンのプランの中から、もっとも良い条件の金利を掲載しています。最新の金利と詳細は、必ず十六銀行の公式サイトでご確認ください。

地方銀行の中ではかなり低金利ですが、以下の「金利引下げの条件」を満たせない場合は金利が高くなる可能性があるのでご注意ください。

<1~3のどれか一つ>

  • 年収400万円以上かつ、勤続年数が2年以上ある(自営業、会社役員の場合は3年以上)
  • 住宅を建築する土地を所有している
  • 物件購入価格の20%以上を自己資金で用意できる

<必須>

  • 十六銀行の口座を給与振込口座に指定
  • インターネットバンキング「Jダイレクト」の契約
  • 「J-Pointスタイル」取引項目20点以上のご成約(J-Pintスタイルの詳細はこちら

手数料

住宅ローン関連のおもな手数料は以下のとおりです。一部繰上返済はインターネットバンキングを利用すると無料になります。 店舗で繰上返済をすると手数料がかかるので、一部繰上返済はインターネット経由でおこなったほうがお得です。

<住宅ローン関連の手数料>
融資取扱手数料 32,400円
保証料 206,600円(借入額1,000万円、借入期間35年の場合)
※借入条件などにより変動します(詳細はこちら[PDF])。
繰上返済手数料 一部繰上返済0円(インターネットバンキングを利用する場合)
※店舗で繰上返済の手続きをする場合と、全額繰上返済をする場合は、返済選択中の金利や借入年数などに応じて、0~54,000円の手数料がかかります(詳細はこちら[PDF])。
金利種類変更手数料 5,400円
団体信用生命保険料 0円(十六銀行が負担)

※十六銀行の公式サイトで提供されている情報を掲載しています。最新の情報と詳細は、必ず十六銀行の公式サイトでご確認ください。

審査基準

十六銀行のおもな審査(申込み)基準は以下のとおりです。契約社員、派遣社員の人は申込むことができないのでご注意ください。また、十六銀行の住宅ローンは、利用できる地域に制限があります。事前に確認しておきましょう。

<審査(申込み)基準>
借入期間 35年以内
借入金額 1億円以内
返済口座 十六銀行の口座のみ
年齢 20歳以上70歳未満で、80歳の誕生日までに完済できること
年収 100万円以上
雇用形態 正社員(自営業)
勤続年数 2年以上(自営業、会社役員の場合は3年以上)
健康状態 十六銀行が指定する団体信用生命保険に加入できること(保険料は十六銀行が負担)
国籍 日本国籍、または永住権があること
対応物件 新築住宅、中古住宅、新築マンション、中古マンションの購入、リフォーム
対応地域 一部地域(十六銀行各支店の営業エリア)
その他 購入する物件に、十六信用保証株式会社第一順位の抵当権を設定すること

※十六銀行の公式サイトで提供されている情報を掲載しています。最新の情報と詳細は、必ず十六銀行の公式サイトでご確認ください。

審査期間

申込みから契約までは、おおよそ1ヶ月ほどかかります。余裕を持って申込みを進めるようにしてください。

仮審査の申込み
↓ (審査期間:2~7日
仮審査の結果通知

正式審査の申込み
↓ (審査期間:14~20日
正式審査の結果通知

契約の手続き
↓ (手続き:1日~
融資実行

住宅ローンの正式審査、契約をするには店舗へ来店する必要がありますが、仮審査まではインターネット経由でおこなうことができます。来店不要で24時間いつでも申込みできるので、忙しい人でも安心です。もちろん、店舗で直接申込みすることもできるので、お好きなほうをお選びください。

団体信用生命保険・特約

十六銀行では、通常の団信と、3種類の特約(ガン保障、生活習慣病長期入院時保障、ワイド団信)が用意されています(十六銀行が提供する団信の詳細はこちら)。

特約の中でおすすめなのは、「生活習慣病長期入院時保障」です。11種類の生活習慣病と病気やケガによる入院の保障を、金利年0.15%上乗せの低コストでつけることができます!


出典:十六銀行公式サイトより転載

他の金融機関で同じような保障をつける場合は、年0.3~0.4%ほど上乗せになることが多いので、かなりお得だと思います(「生活習慣病長期入院時保障」の詳細はこちら[PDF])。

通常の団信に金利上乗せで特約をつけると、借入条件によっては数十~数百万円のコストがかかります。特約をつける場合は、保障内容と保険料を確認し、本当に必要なのかよく考えたうえで判断するようにしてください(参考→団体信用生命保険(団信)とは?)。

その他特徴

その他の特徴としてご紹介したいのが、「ローンサービスセンター」です。


出典:十六銀行公式サイトより転載

ローンサービスセンターでは、資金計画や住宅ローンに関する相談をすることができます。もちろん、対応してくれるのは住宅ローン専門のスタッフなので安心です。ローンサービスセンターを利用するには予約が必要なので、来店前に予約をしましょう(ローンサービスセンターの詳細はこちら)。

まとめ

  • 地方銀行の中では低金利だが、金利引下げの条件が多い
  • インターネットバンキングを利用すれば、一部繰上返済が無料
  • 申込みできるのは正社員(自営業)のみ
  • 申込みから借入までは、1ヶ月ほどかかる
  • 通常の団信と、3種類の特約(ガン保障、生活習慣病長期入院時保障、ワイド団信)がある
  • 住宅ローン専門のスタッフに無料で相談できる「ローンサービスセンター」がある

十六銀行の住宅ローンは、地方銀行の中ではかなり低金利なので、金利引下げの条件を満たせる人にはおすすめです。まずは、ローンサービスセンターで相談してみてください。

☆地方銀行の中では最低水準の金利です!

サイト内 Web