連帯保証人になると住宅ローンは組めないですか?

カテゴリー:お悩み相談室

最終更新日:2019年10月17日

このページでは、連帯保証人になると住宅ローンは組めないのか知りたい方からの相談について、ファイナンシャルプランナーの岩本先生(プロフィールはこちら)にお答えいただきます。

相談内容

連帯保証人になっていても住宅ローンは組めますか?親が借入する際に連帯保証人になりました。

「連帯保証人は住宅ローンを絶対組めない」という決まりはありません

銀行は住宅ローンを貸すかどうかの判断をするときに、年収や勤続年数など、さまざまな観点から審査をします(参考→住宅ローンの「仮審査」と「本審査」の違いとは?)。

「住宅ローン以外の借り入れはないか?」、「連帯保証人や連帯債務者になっていないか?」などの個人情報も調査されるため、審査に影響があることは間違いないですが、それを理由に住宅ローンが組めないと決まるわけではありません

連帯保証人であることはデメリットですが、返済能力が高い(年収が高い)など、そのデメリット以上のプラス要素があれば信用されるでしょう。ですので、連帯保証人になっていたとしても住宅ローンを諦める必要はありません。

その一方で、連帯保証人という立場はリスクがあるのも事実です。連帯保証人になっている負債の責任を負うことになった場合のことも考慮して、本当に住宅ローンを借りても大丈夫かどうか、慎重に判断する必要があるでしょう。

 このお悩みの回答者

岩本貴久
岩本 貴久
一般社団法人日本住宅FP協会 相談役
おうちの買い方相談室名古屋店 代表
FPバンク株式会社 取締役
有限会社東海FPセンター 取締役

お客様が満足のいく家を購入し、思い描く理想の生活を実現すること。それが私の成し遂げたいミッション(使命)です。

→この専門家に相談する(外部サイトに移動します)

調べたい単語を入力してください
サイト内Web