電力自由化で、電気料金をお得に節約!

カテゴリー:電力自由化

最終更新日:2016年8月26日

これまで電気は大手の電力会社が独占して販売しており、われわれ利用者は電力をどこで買うのか選ぶことはできませんでした。しかし、2016年4月からは、電力自由化により、大手電力会社の独占体制が崩れ、電気の購入先を自由に選ぶことができるようになりました。

例えば、ソフトバンクや、昭和シェル石油東燃ゼネラル東京電力エナジーパートナーなど、さまざまな事業者が電力小売りを開始しているんです。

電力自由化でどんなメリットがあるの?

電力自由化による一番のメリットは、やはり「電気料金が安くなる」、ということではないでしょうか。また、ソフトバンクと契約すれば、電話料金の割引があったり、昭和シェル石油と契約すれば、給油のたびに、ガソリンが安くなるなど、事業者によってさまざまな「セット割引」があるんです。自分の生活に合った事業者や、料金プランを選ぶことができるので嬉しいですね!

ただし、事業者の中には、「全国展開していない」事業者もあります。そのため、きにいった事業者や料金プランが見つかったら、まずはご自身が住んでいる地域に対応しているか確認するようにしてください。

また、新たに契約した事業者が倒産してしまった場合、どうなるのか心配だったので調査したところ、切り替え先の事業者が倒産しても、今住んでいる地域の電力会社(東京電力や中部電力など)が標準的な料金で電気を供給してくれるようなので、問題なさそうです。

電力自由化に参入している事業者の一例

以下に、電力自由化に参入している事業者の一例をご紹介します。事業者名をクリックすると、公式サイトにあるシミュレーションで、どの程度電気料金を節約できるか計算することがでるので、まずは試しに確認してみましょう。

事業者名 対応エリア 特典
東燃ゼネラル 東京電力、関西電力、中部電力 ①電気料金の値引き
昭和シェル石油 東京電力 ①ガソリン1Lあたり10円の値引き(上限100L)
②電気料金の値引き
東京電力
エナジーパートナー
東京電力、関西電力、中部電力 ①ネット申込みで500ポイント
②毎月の電気料金1,000円につき5ポイント

私は車によく乗るので、昭和シェル石油で計算してみようと思いましたが、残念ながら対応エリア外でしたので、東燃ゼネラルで計算してみました。電力会社から送られてくる「検針票(電気ご利用のお知らせ)」を見てシミュレーションすると、より実際に近い料金を計算できますよ。

↓以下は、私の家の検針票です。

検針票

シミュレーションの結果は?

シミュレーションの結果、私の家庭の場合は、年間2,400円ほどお得になるということがわかりました。1年だとあまり節約効果を感じませんが、5年間だと12,000円、10年間だと24,000円も節約できますね。

東燃ゼネラルmy電気シミュレーション結果

電力の切り替えは、携帯電話の契約のように、特に違約金のようなものが発生しないので、まずは気軽に電力の切り替えをしてみようかなと思います。電力の切り替えも、住宅ローンの借り換えも同じようなものですね。

☆まずはどれだけ節約できるか、気軽にシミュレーションしてみましょう!

サイト内 Web