地震保険とは?

カテゴリー:地震保険

最終更新日:2016年8月26日

かつてないほどの被害をもたらした、東日本大震災や、2016年4月14日に発生した九州大震災を受けて、地震保険に対しての注目が高まっています。また、南海トラフ大地震、首都直下型地震も、いつ発生してもおかしくない状態と言われています。

このページでは、「地震保険のしくみ」と「保険料」について、わかりやすく紹介します。地震保険に対する理解を深め、地震に対する備えの一つとして、加入を検討してみてください。

地震保険とは?

地震保険とは、地震や噴火による、「火災」、「損壊」、「津波」などの被害を補償してくれる、地震専用の保険のことです。地震保険は、必ず火災保険とセットで加入する必要があり、地震保険のみ単独で加入することはできません。また、こちらの「住宅ローンと火災保険の関係」で簡単にご紹介しましたが、通常火災保険の補償範囲には、地震を原因とする火災に対する補償は含まれていないため、地震による火災で、被害を受けてしまった場合、地震保険に加入してないと、保険金は支払われませんので注意が必要です。

地震保険の保険料は?

地震保険は、政府(国)と保険会社が協力して保険金を負担するしくみになっています。地震は、多数の人が同時に被害にあう可能性が高い災害です。万が一大規模な震災が発生した場合、すべての保険金を保険会社に負担させてしまうと、保険会社が破綻してまう可能性があるため、政府が資金面で協力しているというわけです。

地震保険の保険金額は、火災保険の30%~50%が上限で、建物は5,000万円、家財は1,000万円までが補償の上限となっています。例えば、火災保険で、2,000万円を補償の上限にしている場合、最大で50%の1,000万円までしか保険金が支払われないということになります。

保険会社が違っても、原則として補償内容は同じとなっていますが、保険料と契約期間は、建物の所在地、構造により違ってきます。 例えば、保険金1,000万円、保険期間1年の契約の場合、保険料は以下のとおりとなっています。

<保険金1,000万円、契約期間1年の場合の保険料例>
都道府県 建物の構造
コンクリート、鉄骨など 木造
千葉県、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、三重県、和歌山県 20,200円 32,600円
埼玉県、大阪府 13,600円 24,400円
高知県、徳島県 11,800円 27,900円
茨城県、愛媛県 11,800円 24,400円
北海道、青森県、宮城県、新潟県、山梨県、岐阜県、京都府、兵庫県、奈良県、香川県、大分県、宮崎県、沖縄県 8,400円 16,500円
岩手県、秋田県、山形県、福島県、栃木県、群馬県、富山県、石川県、福井県、長野県、滋賀県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県 6,500円 10,600円

※財務省が提供する「地震保険の保険料」より引用。詳細は、各損害保険会社の相談窓口または代理店などでご確認ください。

保険料を見ていただくとわかると思いますが、地震が起きる可能性が高い地域の方が保険料が高く地震が起きる可能性が低い地域の方が保険料が安くなっています。

保険金の支払い条件は?

地震保険の保険金支払い条件

地震保険で保険金の支払い対象となる条件は、地震・噴火またはこれらによる津波などが原因で発生する、火災・損壊・流失などにより発生した、居住用の建物、家財に生じた損害を対象として支払われます。建物・家財の状態を「全損」、「半損」、「一部損壊」の3種類に分けられ、状態により支払われる保険金が変わってきます。

<建物・家財>
全損 契約金額の100% (時価が限度)
半損 契約金額の50% (時価の50%が限度)
一部損壊 契約金額の5% (時価の5%が限度)

時価とは、地震により建物が損壊した時、同じ建物を新たに建築、購入するのに必要な金額から、これまで使用してきて劣化した分を引いた金額のことを指します。

次の「地震保険の保険金支払い例」では、実際にどの程度保険金が支払われるのか、具体例をご紹介したいと思います。

☆地震保険とは、地震や噴火による被害を補償してくれる保険のことです!

サイト内 Web