金融機関の営業エリア外でも住宅ローンは組めるのか?

カテゴリー:住宅ローン

最終更新日:2017年10月27日

金融機関には決められた営業エリアがあり、エリア外の地域は住宅ローンを申込むことができないので注意が必要です。 このページでは、大手都市銀行、ネット銀行、地方銀行、信用金庫の申込み対象エリアをご紹介します。

各金融機関の申込み対象エリア一覧

全国に店舗がある大手都市銀行や、店舗のないネット銀行は、離島や一部の地域をのぞき、基本的に全国どこからでも申込みすることができます。しかし、一部の地域を中心に営業をしている地方銀行や信用金庫は、営業エリア外で住宅ローンを申込むことができません

借入先 申込み対象エリア
大手
都市銀行
全国対応
三菱東京UFJ銀行みずほ銀行りそな銀行など)
ネット銀行 全国対応
住信SBIネット銀行ソニー銀行イオン銀行じぶん銀行など)
地方銀行
信用金庫
一部地域のみ
(千葉銀行、京都信用金庫など)

地方銀行や信用金庫で条件の良い住宅ローンを見つけても、営業エリア外の場合は申込みができないので覚えておきましょう。

営業エリア外で住宅ローンを組めない理由

営業エリア外で住宅ローンを組めない理由は、「法律で営業エリアが決められている」ことや、「営業エリアを外れてしまうと対応が大変になる(コストがかかる)」ことなどがあげられます。国土交通省が全国1,400以上の金融機関を対象に調査したデータでも、全体の91.9%の金融機関が、「営業エリア」を融資を行う際に考慮する項目としてあげおり、申込みをするうえで重要な内容となっています。


出典:「民間住宅ローンの実態に関する調査結果報告書」(国土交通省)

住宅ローンを低い金利や安い手数料で探すことは大切ですが、せっかくいい住宅ローンを見つけても、金融機関の営業エリア外だったら意味がありません。 申込み前にしっかり確認するようにしましょう。

☆営業エリア外は申込みができません!

サイト内 Web