りそな銀行、住宅ローンの団信について

カテゴリー:りそな銀行

最終更新日:2017年5月10日

このページでは、りそな銀行住宅ローンの団信(団体信用生命保険)について、くわしくご紹介します。りそな銀行の団信は、「通常の団信」、「ワイド団信」、「3大疾病保障特約付団信」、「団信革命(特定状態保障特約付団信)」の4つがあります。それぞれの特徴と、かかる費用を把握しましょう。

りそな銀行が提供する団信の「費用」と「特徴」

りそな銀行の、4つの団信にかかる費用と、特徴は以下のとおりです。

種類
通常の団信
ワイド団信
3大疾病保障
特約付団信
団信革命
費用 特徴
無料 死亡時や高度障害状態になったとき、生命保険会社から保険金が支払われ、住宅ローン残高が0円になります。
借入金利に
0.3%上乗せ
健康上の理由で、通常の団信に加入できなかった人でも、加入できる場合のある団信です。保険期間中に死亡・所定の高度障害状態になったとき、住宅ローン残高が0円になります。
借入金利に
0.25%上乗せ
通常の団信で保障している死亡・所定の高度障害状態に加え、ガンや急性心筋梗塞、脳卒中の3大疾病で所定の状態になったとき、住宅ローン残高が0円になります。
借入金利に
0.3%上乗せ
通常の団信で保障している死亡・所定の高度障害状態に加え、3大疾病(ガン・急性心筋梗塞・脳卒中)または、病気・ケガが原因で所定の状態になったとき、住宅ローン残高が0円になります。

りそな銀行のウェブサイトに掲載されている、2017年4月26日現在の情報をもとに掲載しています。最新の情報と詳細は、必ずりそな銀行の公式サイトでご確認ください。

金利上乗せで保障をつけるなら、「団信革命」がおすすめ!


出典:りそな銀行公式サイトより転載

私が個人的におすすめしたいのが、「団信革命」という3大疾病(ガン・急性心筋梗塞・脳卒中)と、病気・ケガが原因で所定の状態になったときに、住宅ローン残高が0円になる団信です。

3大疾病以外に保障される病気・ケガに関しては、下の画像で紹介されている状態になった時です。病気・ケガが原因で住宅ローン残高が0円になる団信は、なかなかありません。しかも、まだ働ける状態であっても返済中の住宅ローン残高が0円になります。結婚して子どもがいる30~40代で、病気が気になったり、介護の問題を身近に感じている人に特におすすめしたい団信です。



出典:りそな銀行公式サイトより転載

ただし、利用するには、住宅ローン金利に0.3%を上乗せする必要があります。例えば以下の条件だと、約200万円返済額が増えます。自分や家族にとって本当に必要なのかよく考え、加入を検討するようにしてくださいね。

<借入金利に、年0.3%上乗せした場合>
上乗せなし 年0.3%上乗せ
金利 1.5% 1.8%
借入額 3,000万円 3,000万円
借入期間 30年 30年
返済総額 約3,700万円 約3,900万円
差額 約200万円

また、住宅ローンの借り換えを検討している人限定ですが、りそな借りかえローン(WEB申込限定プラン)と、団信革命をセットで利用すると、金利が年0.05%下がるお得なキャンペーンが開催されています。りそな銀行の借り換え金利はただでさえ低いですが、さらに低い金利で利用できるお得なキャンペーンですので、この機会にぜひご利用ください(2017年9月30日までに申込をした人が対象)。 →りそな借りかえローン(WEB申込限定プラン)の詳細を確認する

☆病気やケガの幅広いリスクに対応している「団信革命」がおすすめです!

関連記事

サイト内 Web