住信SBIネット銀行が、フラット35の手数料を引き下げました

カテゴリー:住信SBIネット銀行

最終更新日:2019年10月2日

住信SBIネット銀行が、フラット35の事務取扱手数料(融資事務手数料)を「借入額×2.20%(税込)→借入額×1.10%(税込)」に引き下げました!

事務取扱手数料引き下げの詳細

詳細は以下の画像のとおりです。

住信SBIネット銀行が、フラット35の手数料を引き下げました

出典:住信SBIネット銀行公式サイト

また、事務取扱手数料の引き下げと合わせて全疾病保障の付保内容も変更されています。これまでは金利・手数料の上乗せなし(無料)で加入できましたが、今後は借入額×0.55%(税込)の支払いが必要となりますので注意してください。

事務取扱手数料の引き下げでどの程度お得になるのか?

事務取扱手数料の引き下げでどの程度お得になるのか、以下の条件で試算してみました。

<借入額3,000万円、新規借入の場合>
借入額×2.20% 借入額×1.10%
借入額 3,000万円 3,000万円
手数料 66万円 33万円
差額 33万円

例えば借入額3,000万円の場合だと、33万円もお得になります!33万円あれば、貯蓄にまわしたり家族で旅行に出かけることもできますね。

ぜひこの機会に借入をご検討ください

住信SBIネット銀行のフラット35は、低金利なことはもちろん、安い保険料で「全疾病保障」がつけられるのでおすすめです。手数料が引き下げになったこの機会に、ぜひ借入をご検討ください。

☆事務取扱手数料が大きく引き下げられました!

調べたい単語を入力してください
サイト内Web