新生銀行

新生銀行に関する記事一覧

新生銀行、住宅ローンのメリット・デメリット

新生銀行の住宅ローンは、「低金利」で「融資事務手数料が安い」というメリットはありますが、「変動金利に5年ルールが適用されない」、「契約するには来店が必要」というデメリットがあります。 このページでは、新生銀行が提供する住宅ローンを、6つのメリットと、2つのデメリットにわけてくわしくご紹介します

新生銀行、住宅ローンのキャンペーンについて

このページでは、新生銀行が提供する、住宅ローンのキャンペーンについてくわしくご紹介します。キャンペーンの期間や条件を把握して、余裕を持って申込みをするようにしてください。

5年ごとに金利が下がる、新生銀行の「ステップダウン型住宅ローン」とは?

「ステップダウン型住宅ローン」とは、借入から10年が経過すると、その後は5年ごとに金利が下がる住宅ローンのことです。 このページでは、「ステップダウン型住宅ローンの詳細」と、「利用した場合の返済額」などをわかりやすくご紹介します。

月々の住宅ローン返済が免除される、新生銀行の「安心パックS」とは?

「安心パックS(エス)」とは、地震や津波などの自然災害で自宅が被害を受けた際に、月々の住宅ローン返済が最大24回免除される、「自然災害時債務免除特約」がついた住宅ローンのことです。

新生銀行の手厚いサポート体制をご紹介します

住宅ローンは、「複雑なしくみ」と「ややこしい手続き」があり、契約するまでは大変です。「住宅ローンに関して知識がないので、どうしていいかわからない」、「契約後もしかっり相談できる金融機関がいい」という人は、新生銀行のように手厚いサポートを提供している金融機関がおすすめです。

新生銀行、住宅ローンの繰上返済について

このページでは、新生銀行、住宅ローンの繰上返済について、くわしくご紹介します。一部繰上返済、全額繰上返済の手数料や、その他の特徴を把握しましょう。

新生銀行、住宅ローンの団信について

このページでは、新生銀行住宅ローンの団信(団体信用生命保険)について、くわしくご紹介します。新生銀行の団信は、「通常の団信」、「安心保障付団信(団体信用介護保障保険)」の2つがあります。それぞれの特徴と、かかる費用を把握しましょう。

新生銀行の住宅ローンと、フラット35を比較しました

新生銀行は、フラット35の取り扱いをしていませんが、長期固定金利(最長35年まで)の住宅ローンを提供しています。 新生銀行の住宅ローンと、フラット35を返済額で比較した場合、どちらがお得なのでしょうか。

新生銀行、住宅ローンの審査について

このページでは、新生銀行住宅ローンの審査について、くわしくご紹介します。新生銀行は、他の金融機関とくらべて、年収、勤続年数などの審査基準がきびしくなっています。審査の内容を把握して、申込みをご検討ください。

ホームへ戻る

調べたい単語を入力してください
サイト内Web