月々の住宅ローン返済が免除される、新生銀行の「安心パックS」とは?

カテゴリー:新生銀行

最終更新日:2017年10月12日

新生銀行が提供する「安心パックS(エス)」とは、地震や津波などの自然災害で自宅が被害を受けた際に、月々の住宅ローン返済が最大24回免除される、「自然災害時債務免除特約」がついた住宅ローンのことです。このページでは、「自然災害時債務免除特約の詳細」と「安心パックSの利用条件」をわかりやすくご紹介します。

自然災害時債務免除特約の詳細

自然災害時債務免除特約とは、自然災害で受けた被害の状況によって、一定期間の住宅ローン返済が免除される特約のことです。 以下のとおり、地震や津波、台風などによって「全壊」、「大規模半壊」、「半壊」の状態になった際に、決められた期間の返済が免除されます。 しかも、費用は無料です!


出典:新生銀行公式サイトより転載

ちなみに、「全壊」、「大規模半壊」、「半壊」の判定を受けるためには、被害を受けた際にお住いの市町村役場に申請して、以下の流れで「罹災(りさい)証明書」を発行してもらう必要があります。


出典:内閣府災害情報のページ罹災証明書の概要(PDF)」より転載

一般的に、証明書が交付されるまでは約3ヶ月程度の時間がかかりますが、被害を受けた時点で新生銀行に電話をすれば、そのあいだの住宅ローン返済はすぐに免除されるので安心です。


出典:新生銀行公式サイトより転載

大規模な災害で被害を受けた際は、予定外のさまざまなお金がかかります。そのような中で住宅ローンの返済をし続けるのは、かんたんなことではありません。 住宅ローン残高のすべてが免除されるわけではありませんが、一部でも住宅ローンの返済が免除されるのは助かりますね。


出典:新生銀行公式サイトより転載

安心パックSの利用条件

新生銀行住宅ローンの安心パックSを利用するには、以下の条件をすべてクリアしなければなりません。利用を検討中の人は、条件に当てはまるかを確認してください。

利用条件

  • 「新築戸建住宅の購入資金」または「戸建住宅の新築資金」を資金使途とする住宅ローンであること
  • 借入金額1,500万円以上、かつ借入期間25年以上であること
  • 返済方法として、ボーナス返済を利用しないこと
  • 団体信用介護保障保険への加入資格を有すること

利用できる金利タイプ

  • 当初固定金利タイプ(12年、15年、20年)
  • 長期固定(全期間固定)金利タイプ(25年、30年、35年)

新生銀行のウェブサイトに掲載されている、2017年10月現在の情報をもとに掲載しています。最新の情報と詳細は、必ず新生銀行の公式サイトでご確認ください。

その他の注意点として、自然災害時債務免除特約は、120回目(10年)の返済が終わるまでが有効期間となっています。それ以降に被害を受けても、月々の返済は免除されませんのでご注意ください。また、住宅ローンの借り換えには利用できません

利用条件は少しきびしいですが、「長期固定金利を検討中」で「災害の多い地域にお住い」の人は利用を検討してみてはいかがでしょうか。最新の金利や手数料、さらにくわしい情報は、新生銀行の公式サイトでご確認ください。

☆他の金融機関でも同じような特約がありますが、
無料で提供しているところはなかなかありません!

サイト内 Web