新生銀行の手厚いサポート体制をご紹介します

カテゴリー:新生銀行

最終更新日:2017年9月14日

住宅ローンは、「複雑なしくみ」と「ややこしい手続き」があり、契約するまでは大変です。「住宅ローンに関して知識がないので、どうしていいかわからない」、「契約後もしかっり相談できる金融機関がいい」という人は、新生銀行のように手厚いサポートを提供している金融機関がおすすめです。

このページでは、新生銀行が提供する”手厚い3つのサポート体制”についてくわしくご紹介します。

手厚いサポートその1:住宅ローン専用の相談ダイヤルで気軽に相談できる

新生銀行では、「新生パワーコール」という、住宅ローン専用の相談ダイヤルが用意されています。住宅ローンの知識がある専門スタッフが、平日・土曜日はもちろん、日曜日・祝日でも住宅ローンに関する質問にしっかりこたえてくれます(年末年始はのぞきます)。相談できる時間は9:00~19:00のあいだで、電話番号は以下のとおりです。


出典:新生銀行公式サイトより転載

ちなみに、新生銀行から提供されている情報によると、9:00~10:00、15:00~16:00あたりがつながりやすい時間帯となっているようです。電話が混み合う時間帯をさけたい人は、以下の情報も参考のうえ、お問い合わせをしてみてください。


出典:新生銀行公式サイトより転載

手厚いサポートその2:Skype(スカイプ)を利用してゆったり相談できる

「電話では伝えにくい内容だけど、わざわざ店舗へいって相談するのは手間だなぁ…」という時に活用できるのがSkype(スカイプ)相談です。Skypeという、無料でビデオ通話や音声通話ができるサービスを利用して、画面上で資料を共有しながら相談することができるのでとても便利です。


出典:新生銀行公式サイトより転載

Skype相談を利用するには、事前にSkypeをダウンロードのうえ、相談予約をする必要があります。Skypeのダウンロードと、相談予約は以下のリンク先をご確認くだい。

Skypeのダウンロードはこちら
Skype相談の予約はこちら

手厚いサポートその3:店舗でしっかり相談できる


出典:新生銀行公式サイトより転載

新生銀行では、全国にある店舗で、住宅ローンの相談をすることができます。ただし、店舗によって相談ができる時間帯や曜日がことなる場合がありますので、ご注意ください。

また、店舗での相談は、電話予約(0120-456-515)をしたうえで来店する必要があります。 予約なしで来店しても相談にのってもらえますが、予約でうまっている場合、待ち時間が発生してしまうのでお気をつけください。店舗の一覧は、こちらのページから確認することができます。

新生銀行の手厚いサポート体制のまとめ

新生銀行では、相談したい内容によって、電話、ネット(Skype)、店舗の3つを使いわけることができます。 また、相談にのってくれるのは、住宅ローンの知識が豊富な専門スタッフなので安心です。 手厚いサポートをご希望であれば新生銀行の住宅ローンはおすすめです。最新の金利や、その他サービスの詳細は、新生銀行の公式サイトをご確認ください。→新生銀行の公式サイトで詳細を確認する

☆新生銀行では、他の金融機関にはない手厚いサポートを提供しています!

サイト内 Web