住宅ローンの「審査基準」、「審査期間」を比較しました

カテゴリー:審査

最終更新日:2017年6月14日

住宅ローンの審査基準、審査期間は、各金融機関によってさまざまです。このページでは、全国からネット経由で申込みができる、大手都市銀行と主要ネット銀行の、審査に関する情報をまとめました。

年収、雇用形態、勤続年数の比較

大手都市銀行と主要ネット銀行の審査基準(申込みの基準)である、「年収」、「雇用形態」、「勤続年数」を比較しました。住信SBIネット銀行のように、特に基準をもうけていない金融機関もあれば、新生銀行のように、年収、雇用形態、勤続年数を明確にしている金融機関もあります。

前年度年収 雇用形態 勤続年数 詳細
特に決まりなし 特に決まりなし 3ヶ月以上 詳しく
特に決まりなし 特に決まりなし 1ヶ月以上 詳しく
特に決まりなし 特に決まりなし 特に決まりなし 詳しく
200万円以上 特に決まりなし 特に決まりなし 詳しく
100万円以上 特に決まりなし 6ヶ月以上 詳しく
100万円以上 特に決まりなし 1年以上 詳しく
200万円以上 特に決まりなし 3年以上 詳しく
200万円以上 特に決まりなし 3年以上 詳しく
300万円以上 正社員・契約社員 特に決まりなし 詳しく
400万円以上 正社員 特に決まりなし 詳しく
300万円以上 正社員・契約社員 2年以上 詳しく

※各金融機関のウェブサイトに掲載されている2017年5月現在の情報と、当サイト管理人が電話調査した内容を掲載しています。最新の情報は、必ず各金融機関の公式サイトでご確認ください。

ここでご紹介しているのは、あくまで表向きに公表されている情報の一部になりますので、条件に当てはまれば住宅ローンを組めるというわけではありませんが、各金融機関が指定している年収や雇用形態、勤続年数をクリアすることは、仮審査に申込むための最低基準かつ重要な項目なので覚えておきましょう(参考→住宅ローンの「仮審査」と「本審査」の違いとは?)。

また、今回は給与所得者(会社員)の審査基準をまとめましたので、自営業者(個人事業主やフリーランスなど)には当てはまりません。自営業者は、会社員とくらべて収入が不安定なことから、審査がきびしいことがほとんどです。審査基準も細かく公表されていないことが多いので、そもそも利用できるかどうかも含めて確認するようにしてください。

審査期間の比較

続いて審査期間(申込みから契約が完了するまでの期間)を比較しました。じぶん銀行のみ10日という圧倒的に短い期間となっていますが、その他の金融機関は1ヶ月~1ヶ月半程度の期間がかかります。

銀行名 審査期間
(契約が完了するまで)
詳細
ARUHI
(フラット35)
約1ヶ月 詳しく
楽天銀行
(フラット35)
約1ヶ月 詳しく
住信SBI
ネット銀行
約1ヶ月 詳しく
じぶん銀行 約10日 詳しく
イオン銀行 約1ヶ月 詳しく
りそな銀行 約1ヶ月 詳しく
三菱東京
UFJ銀行
約1ヶ月 詳しく
カブドットコム
証券
約1ヶ月 詳しく
みずほ銀行 約1ヶ月半 詳しく
ソニー銀行 約1ヶ月 詳しく
新生銀行 約1ヶ月 詳しく

※各金融機関のウェブサイトに掲載されている2017年5月現在の情報です。最新の情報は、必ず各金融機関の公式サイトでご確認ください。

上の表でご紹介している申込みから契約までの期間は、金融機関側でおこなう審査や手続きにかかる期間になります。 こちら側で書類に記入したり、郵送したりする期間は含まれていませんのでご注意ください。また、住宅ローンの申込みが増えて混み合っている時期は、審査期間がのびる可能性があります。 あくまで参考程度にお考えのうえ、申込みの前に各金融機関で必ず確認するようにしてください。

審査基準、審査期間のまとめ

今回の内容は、金融機関のウェブサイトに掲載されている審査基準の一部と、審査期間をまとめたものになります。実際には多くの項目で審査がおこなわれますし、予定どおりスムーズに進むとは限りませんので、余裕を持って申込みすることをおすすめします。住宅ローンの審査に関してよくわかっていないという人は、こちらの「住宅ローンの「仮審査」と「本審査」の違いとは?」も合わせてご覧ください。

☆審査基準、審査期間は金融機関によって様々です。
申込みの前にしっかり確認するようにしましょう!

関連記事

サイト内 Web