ソニー銀行、住宅ローンの団信について

カテゴリー:ソニー銀行

最終更新日:2018年10月10日

このページでは、ソニー銀行住宅ローンの団信(団体信用生命保険)について、くわしくご紹介します。ソニー銀行の団信は、「通常の団信」、「ガン50%保障特約付団信」、「ガン100%保障特約付団信」、「3大疾病保障特約付団信」、「生活習慣病団信」、「ワイド団信」の6種類があります。それぞれにかかる費用と特徴を把握しましょう。

ソニー銀行が提供する団信の「費用」と「特徴」

ソニー銀行が提供する6つの団信の、費用と特徴は以下のとおりです。

種類
通常の団信
ガン50%保障
特約付団信
ガン100%保障
特約付団信
3大疾病保障
特約付団信
生活習慣病団信
ワイド団信
費用 特徴
無料 死亡・所定の高度障害状態となったときに、住宅ローン残高が0円になります。
無料 通常の団信で保障している死亡・所定の高度障害状態に加え、ガンと診断確定された時点で住宅ローン残高が1/2(半額)になります。
借入金利に
0.1%上乗せ
通常の団信で保障している死亡・所定の高度障害状態に加え、ガンと診断確定された時点で住宅ローン残高が0円になります。
借入金利に
0.2%上乗せ
通常の団信で保障している死亡・所定の高度障害状態に加え、ガンと診断確定された時点で、住宅ローン残高が0円になります。また、所定の生活習慣病により継続180日以上入院した時でも住宅ローン残高が0円になります。
借入金利に
0.2%上乗せ
通常の団信で保障している死亡・所定の高度障害状態に加え、ガン・急性心筋梗塞・脳卒中の3大疾病で所定の状態となったときに、住宅ローン残高が0円になります。
借入金利に
0.2%上乗せ
健康上の理由で、通常の団信に加入できない人でも、一定の範囲で加入できる団信です。死亡・所定の高度障害状態となったときに、住宅ローン残高が0円になります。

ソニー銀行の公式サイトで提供されている情報を掲載しています。最新の情報と詳細は、必ずソニー銀行の公式サイトでご確認ください。

2018年8月1日より、「ガン50%保障特約付団信」が追加されました!

通常の団信で保障している死亡・所定の高度障害状態に加え、ガンと診断確定された時点で住宅ローン残高が1/2(半額)になる「ガン50%保障特約付団信」が新たに追加されました。しかも、保険料は無料(金利上乗せなし)です!

ソニー銀行に、ガン50%保障特約付団信が追加されました。
出典:ソニー銀行公式サイトより転載

「コストをかけずに最低限の保障をつけたい!」という人におすすめです。

☆ガン50%保障特約付団信が新たに追加されました!

調べたい単語を入力してください
サイト内Web