楽天銀行の住宅ローン

楽天銀行の住宅ローン
手数料が安く、8疾病就業不能保障が無料でつけられる!
  • 融資事務手数料が安い
  • 8疾病就業不能保障が無料
  • 保証料、繰上返済手数料が無料
  • スカイプのビデオ通話で、土日含め22時まで相談できる!
  • 手続きは、ネットと郵送で完結するので、来店は不要
公式サイトはこちら

重要なお知らせ

  • 6月16日現在の最新金利に更新しました(次回金利更新は7月15日前後を予定しています)。

金利・手数料・サービスなど

金利選択型

チェックポイント

変動金利と、固定金利(2~10年)の中から、金利を選ぶことができます。適用される金利は、審査結果(物件の担保評価、年収、頭金の割合など)によって大きく変わりますので、審査に不安がある人にはおすすめできません。

2018年7月の適用金利
変動金利
0.527%~
1.177%
5年固定金利
0.965%~
1.615%
10年固定金利
1.152%~
1.802%

→その他の金利・プランを公式サイトで確認する

保証料保証料 0円
繰上返済手数料保証料 0円
団体信用生命保険料保証料 0円 (楽天銀行が負担)
融資事務手数料保証料 324,000円
対応地域 全国
店舗への来店 不要
借入できる金額 500万~1億円
借入期間 1年~35年
公式サイトはこちら

金利選択型(借り換え)

チェックポイント

変動金利と、固定金利(2~10年)の中から、金利を選ぶことができます。適用される金利は、審査結果(物件の担保評価、年収、頭金の割合など)によって大きく変わりますので、審査に不安がある人にはおすすめできません。

2018年7月の適用金利
変動金利
0.527%~
1.177%
5年固定金利
0.965%~
1.615%
10年固定金利
1.152%~
1.802%

→その他の金利・プランを公式サイトで確認する

保証料保証料 0円
繰上返済手数料保証料 0円
団体信用生命保険料保証料 0円 (楽天銀行が負担)
融資事務手数料保証料 324,000円
対応地域 全国
店舗への来店 不要
借入できる金額 500万~1億円
借入期間 1年~35年
公式サイトはこちら

楽天銀行住宅ローンの詳細

楽天銀行は、楽天グループの会社で、2009年に「イーバング銀行」から商号を変更しています。口座数は600万口座を越えており、ネットバンクでは国内No.1です!

楽天銀行の住宅ローンは、保証料・繰上返済手数料・団体信用生命保険料が無料、さらに8疾病就業不能保障特約も無料
出典:楽天銀行公式サイトより転載

住宅ローンにおいては、「金利選択型」というプランを提供しています。当サイトで紹介している他のネット完結型の住宅ローンとくらべると金利は少し高めですが、その分、融資事務手数料が324,000円と低水準となっています。また、繰上返済手数料は一部、全額ともに無料です。

さらに、3大疾病(ガン・急性心筋梗塞・脳卒中)と5つの重度慢性疾患(高血圧性疾患・糖尿病・慢性腎臓病・肝硬変・慢性膵炎)保障する、「8疾病就業不能保障特約」も無料でつけることができます。

公式サイトはこちら

楽天銀行の住宅ローンが向いているのはこんな人

楽天銀行の住宅ローンが向いている人は、安定した職種で一定水準の収入がある人です。というのも、楽天銀行の住宅ローンで適用される金利は、審査結果によって大きく変わります(下の画像をご覧ください)。審査基準の詳細はわからないので何とも言えませんが、低い金利で借りるためには、ある程度の支払い能力をしめす必要があります。

楽天銀行の住宅ローン(金利選択型)の金利幅
出典:楽天銀行公式サイトより転載

最終的な金利は審査にとおらないとわかりませんので、気になる人は一度仮審査に申込んでみましょう。もちろん、実際に契約しなければ、キャンセルしても費用はかかりません(参考→住宅ローンの「仮審査」と「本審査」の違いとは?)。

楽天銀行の住宅ローンをもっとくわしく知る

調べたい単語を入力してください
サイト内Web