新生銀行の住宅ローン

新生銀行の住宅ローン
融資事務手数料が安く、新生銀行独自のサービスが特徴的な住宅ローンです!
  • 融資事務手数料が安い!
  • 保証料、繰上返済手数料、団体信用生命保険料が無料
  • 仮審査がないので、審査は1回のみ!
  • 家事代行ハウスクリーニングなどの独自のサービス!
  • 店舗で直接相談できる!
公式サイトはこちら

最新ニュース

  • 8月1日現在の最新金利に更新しました(次回金利更新は9月1日を予定しています)。

金利・手数料・サービスなど

パワースマート住宅ローン(安心パック)

チェックポイント

パワースマート住宅ローン(安心パック)」は、「変動金利」と「当初固定金利(1年~20年)」「全期間固定金利(25年~35年)」から選ぶことができます。変動金利の0.6%が適用されるのは借り入れから半年間のみで、その後は0.9%に上昇しますので、変動金利を検討中の人はご注意ください(参考 → 新生銀行、住宅ローンのデメリット)。

2017年8月の適用金利
変動金利
0.600%
10年固定金利
1.000%
35年固定金利
1.900%

→その他の金利を公式サイトで確認する

保証料保証料 0円
繰上返済手数料保証料 0円
団体信用生命保険料保証料 0円 (新生銀行が負担)
融資事務手数料保証料 108,000円
対応地域 全国
銀行への来店 必要
借入できる金額 500万~1億円
借入期間 5年~35年
公式サイトはこちら

パワースマート住宅ローン(安心パックW)

チェックポイント

新生銀行の、「パワースマート住宅ローン(安心パックW)」は、保育サービスや家事代行サービス、ホームセキュリティーサービスなどがセットになっている住宅ローンです。ただし、利用回数や地域に制限があるので注意が必要です。安心パックに比べて申し込み基準が厳しくなっていますので、申し込みの前に以下の内容をよくご確認ください。

2017年8月の適用金利
25年固定金利
1.650%
35年固定金利
1.900%

→その他の金利を公式サイトで確認する

保証料保証料 0円
繰上返済手数料保証料 一部繰上返済0円
※5年以内に完済する場合は、繰上返済手数料として完済時に162,000円が必要です。
団体信用生命保険料保証料 0円 (新生銀行が負担)
融資事務手数料保証料 162,000円
対応地域 全国
銀行への来店 必要
借入できる金額 1,500万~1億円
借入期間 25年~35年
公式サイトはこちら

パワースマート住宅ローン(安心パック)(借り換え)

チェックポイント

パワースマート住宅ローン(安心パック)」は、「変動金利」と「当初固定金利(1年~20年)」「全期間固定金利(25年~35年)」から選ぶことができます。変動金利の0.6%が適用されるのは借り入れから半年間のみで、その後は0.9%に上昇しますので、変動金利を検討中の人はご注意ください(参考 → 新生銀行、住宅ローンのデメリット)。

2017年8月の適用金利
変動金利
0.600%
10年固定金利
1.000%
20年固定金利
1.450%

→その他の金利を公式サイトで確認する

保証料保証料 0円
繰上返済手数料保証料 0円
団体信用生命保険料保証料 0円 (新生銀行が負担)
融資事務手数料保証料 108,000円
対応地域 全国
銀行への来店 必要
借入できる金額 500万~1億円
借入期間 5年~35年
公式サイトはこちら

パワースマート住宅ローン(安心パックW)(借り換え)

チェックポイント

新生銀行の、「パワースマート住宅ローン(安心パックW)」は、保育サービスや家事代行サービス、ホームセキュリティーサービスなどがセットになっている住宅ローンです。ただし、利用回数や地域に制限があるので注意が必要です。安心パックに比べて申し込み基準が厳しくなっていますので、申し込みの前に以下の内容をよくご確認ください。

2017年8月の適用金利
25年固定金利
1.650%
30年固定金利
1.900%

→その他の金利を公式サイトで確認する

保証料保証料 0円
繰上返済手数料保証料 一部繰上返済0円
※5年以内に完済する場合は、繰上返済手数料として完済時に162,000円が必要です。
団体信用生命保険料保証料 0円 (新生銀行が負担)
融資事務手数料保証料 162,000円
対応地域 全国
銀行への来店 必要
借入できる金額 1,500万~1億円
借入期間 25年~35年
公式サイトはこちら

新生銀行住宅ローンの詳細

新生銀行は、1998年に日本長期信用銀行が経営破たんし、日本政府により一時国有化されたのち、名称を変更した銀行です。その後、大幅なリストラを経て、2004年に東証一部へ再上場しています。

新生銀行の住宅ローンは、安心パックと、家事代行やハウスクリーニングなど、生活をサポートしてくれるサービスがついている安心パックW(ダブル)の2種類のローンがあります。安心パックW(ダブル)は、2014年日経優秀製品・サービス賞の最優秀賞を獲得するほど評価されています。

公式サイトはこちら

新生銀行の住宅ローンが向いているのはこんな人

新生銀行の住宅ローンが向いている人は、総返済額を確定させて、“安心”して毎月の支払いをおこないたい方です。新生銀行は、「全期間固定金利の長期ローン(25年・30年・35年)」を取り扱っています。固定金利は、契約期間が長くなればなるほど、現在の変動金利に比べて高くなってしまいますが、総返済額を確定できるという大きなメリットがあります。

総返済額が確定すれば、将来のライフプランも立てやすくなりますし、 この先の金利動向を気にする必要もなくなりますので、安心して仕事にはげむことができます。それに、今は金利が限りなく0%に近い水準になっており、この先金利が大きく上がることはあっても、大きく下がることはありませんので、固定金利の長期ローンを組むには絶好のタイミングと言えます。

また、住宅ローンを契約するときにかかる諸費用が安く、金利も頭金の大小にかかわらず一律に設定されているので、住宅購入用の貯蓄が十分にできていない方にもおすすめです。

新生銀行の住宅ローンをもっとくわしく知る

サイト内 Web