住宅ローン用語集(か行)

買い替えローン(かいかえろーん)

返済途中の住宅ローンを完済するための資金と、これから新たに住宅を購入するのに必要な資金を、合わせて貸してくれる住宅ローンのこと。

火災保険(かさいほけん)

火災や落雷、ガス爆発などによる破損を補償する保険のこと。なお、“地震”によって起きた火災は対象外なので注意が必要です。

瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)

購入した住宅に、引き渡し時点で発見できないような欠陥があった場合、売り手は修理や賠償をしなければならないという責任です。

家財補償(かざいほしょう)

火災や雷などの災害によって家の財産が失われた場合に補償される制度のこと。火災保険を結ぶ際に契約できます。

家族ペアローン(かぞくぺあろーん)

ひとつの物件に対して、複数の家族が別々にローンを借りる方法のこと。

割賦元金(かっぷがんきん)

毎月の返済額のうち、“元金”の返済に使われる部分のこと。

割賦利息(かっぷりそく)

毎月の返済額のうち、“利息”の返済に使われる部分のこと。

壁芯面積(かべしんめんせき)

建物の床面積を求める際に、壁の中央線で囲まれた寸法を計算する方法。これとは別に、内法面積という方法もあります。

借り入れ(かりいれ)

住宅ローンを借りること。または、借りたお金のこと。

仮審査(かりしんさ)

住宅ローンを申し込むときにおこなわれる審査のこと。年齢、勤務先、役職、雇用形態、勤続年数、年収、預貯金、頭金、担保となる物件など、さまざまな項目を見られます。

借り換え(かりかえ)

現在借りている住宅ローンを解約して、新たに住宅ローンを組みなおすこと。

元金均等返済(がんきんきんとうへんさい)

毎月、ローン残高の利息と、一定の元金を返済していく方法のこと。はじめは利息が大きいため、返済額が多くなります。しかし、そのぶん元金が早く減っていきますので、総返済額は少なくなります。

がん保障(がんほしょう)

“がん”と診断されたときに、住宅ローンの返済が免除される保障のこと。

元利均等返済(がんりきんとうへんさい)

毎月、一定の金額を返済していく方法のこと。はじめは利息の返済部分が大きく、元金がなかなか減っていきません。

管理費(かんりひ)

管理人や清掃スタッフの給与、エレベーターや廊下などの共用部分の管理のために、毎月支払わなければならない費用のこと(マンションを購入した場合)。

期間短縮型(きかんたんしゅくがた)

住宅ローンの繰り上げ返済で、返済期間を短くする返済方法のこと。

機関保証(きかんほしょう)

保証料を支払うことによって、保証会社が連帯保証人の役割を果たす制度のこと。借入額が多いほど、返済期間が長くなるほど、保証料は高くなります。

基準金利(きじゅんきんり)

金融機関の店頭に表示されているローン金利のこと。

共有登記(きょうゆうとうき)

ひとつの建物を親と子の出資割合に応じて登記すること。

金銭消費貸借契約(きんせんしょうひたいしゃくけいやく)

金融機関などで住宅ローンを利用するときに結ぶ契約のこと。

金利(きんり)

住宅ローンの借入額にかかる利息のこと。金融機関や商品によって金利は違っています。

区分登記(くぶんとうき)

所有権を親世帯・子世帯で完全に分けて登記する方法のこと。

繰り上げ返済(くりあげへんさい)

住宅ローンの残高を前倒しで返済すること。返済方法は、返済期間を短縮する「期間短縮型」と、毎回の返済額を減らせる「返済額軽減型」の2種類があります。

繰上返済手数料(くりあげへんさいてすうりょう)

繰り上げ返済をするときに支払う手数料。1回あたりおよそ3,000円~5万円程度です。フラット35では、何回でも無料でできますが、1回あたり100万円以上が条件となります。

競売(けいばい)

住宅ローンが返済できないとき、貸し手が担保物件を強制的に売りに出すこと。

工事請負契約(こうじうけおいけいやく)

家を建てるときに、建設会社と結ぶ契約のこと。

個人信用情報(こじんしんようじょうほう)

氏名、年齢、性別や返済能力(クレジットカードやローンの取引状況等)など、借り入れの審査で見られる情報のこと。

個人版民事再生(こじんばんみんじさいせい)

氏名、年齢、性別や返済能力(クレジットカードやローンの取引状況等)など、借り入れの審査で見られる情報のこと。

固定金利型(こていきんりがた)

住宅ローンの返済方法のひとつ。借り入れにかかる金利が固定されています。変動金利型よりも金利は高いですが、金利の上下に左右されることなく、安心して返済計画を立てることができます。

固定資産税(こていしさんぜい)

毎年1月1日に、固定資産(土地・建物)にかけられる税金のこと。

固定資産税評価額(こていしさんぜいひょうかがく)

3年に1度、知事または市町村長が評価した固定資産の価格のこと。一般的に、土地は時価の70%程度、建物は建築費の50〜70%程度となっています。

あ行へ戻る

さ行へ進む

調べたい単語を入力してください
サイト内Web